給食は授業(追記あり)

先日、

関わっているボランティア団体と
隣接する領域の団体と


交流があり


小学校給食を作っている
栄養士の方のお話しを



聞く機会がありました。




給食は、成長期の子どもの栄養という面はもちろんのこと、


給食の場面で学ぶことは


多くあるのですよ。


というお話しでした。


好きや嫌い。

食卓を整えること。


食べ方。


みんなと会食する事の、




たのしさ。




いただきます。
までと


ごちそうさまの間に



子どもたちは



学んでいたのですね。




それを支える作り手の方のお話しを
うかがいました。



みんながひとしく
食べることができる

学校給食。



給食は




授業だったんだな

と思いました。




毎日の給食や、
おうちのご飯で




子どもたちの心と体が




力づけられますように。





給食って何?
f:id:sumire2469:20170430132408j:plain
byぴょん



・追記
給食は等しく食べられると書きましたが、後日皆に等しいとは言い切れないなと思い直しました。
アレルギーの問題や児童の中にも、
好き嫌いの問題ではなく
感覚過敏からくる食べにくさ、
食べられないことがある。

楽しいはずの給食の時間に
辛い思いをしている児童に
必ずしも適切な対応がなされているとは
言えないと思いました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村