5分の世界

ここ二日ほど
ひどくはなかったのですが
風邪っぽく


ちょっと熱もあったりで
元気をなくしていました。



茶の本をパラパラと見ていたら
f:id:sumire2469:20170416184402j:plain


こんな一文が。




「紅茶は材料が単純なだけに(中略)
入れ方が重要になってきます。
長くて5分の世界です。
ぜひ集中してください。」



とありました。




f:id:sumire2469:20170416204630j:plain


ふーむ。




毎朝起きると
最初にすることは
お湯を沸かし、



紅茶をいれることです。



蒸らし時間は
もう少し少なく
リーフで入れる時で
3分ぐらいと、
長さは違いますが…。



5分なら5分
3分なら3分、
お茶を淹れる事に
集中しているかと言えば



その間は、
別のことに集中するのがいいと
思っていました。



この3分の間に

よーいどんで何ができるか
でした。



例えば、
洗濯機のスイッチを入れに行くとか



朝食で使うもの出すとか



そんなことです。



タイマーと競争してました。



紅茶をいれることには
集中していませんでした。



私の心が紅茶に戻ってくるのは、



タイマーの



りりりりりりー
という音を聞いてからです。


それも用事が終らなければ
鳴り終わるまではいいよね~。


時間延長です。



それでも
朝に淹れた紅茶は美味しいですが…。



ここ読んで
いろんな5分があるけど



お茶を淹れる5分は
もう少し静まって



呼吸も深くするような気持ちで
時間を過ごしたいなと



思ったことでした。


このカレルチャペック紅茶店
紅茶を先日

いただいたのですが



とても美味しい!




最初に飲んだ時の印象は、



心が落ち着くようなんだけど
そのあとに



なんだか動き出したくなるような
そんな気分になるお味だなー



というものでした。



自分でも不思議でした。




この本の最初の方に



この本の著者で
カレルチャペック紅茶店
オーナーの


山田詩子さんが
こう書いています。



「ティータイムで一番大切なのはゆったりとした時間と、心の声に耳を傾ける事」


と。



そして
別の箇所では



「毎日飲むたびに感動できる紅茶を」


ということテーマに
商品を届けている



というような事が



書いてありました。




私がフィジカルに
感じていたことは


こういうことだったのかー。




大げさくらいに
了解してしまったのでした…。




静と動



両方のゴールですね。



到着点を決めて行動することは、
大切なことを
見失わないためにも


大事なことなのでしょうね。



なんだか紅茶から
ちょっと飛躍気味ですが




個人なり企業なり
その
ボディメッセージは


確かな行動や届けられる商品に


乗っかって

必ず人々の


心や暮らしに


伝わると信じているので


こういう出合いは嬉しいものです!




さて、



紅茶に合うお菓子で

スコーンのレシピが出ていたので




久しぶりに
作ってみました。。
f:id:sumire2469:20170416183433j:plain



お茶の準備をしていただきます。
f:id:sumire2469:20170416183521j:plain


ちょっと慌て気味の
お茶時間。


さっき言ったお口はどこいら?




ということで、静まり
心の声に耳を傾け、
そのあと、元気になりましょう!


でした。



お読みいただいてありがとうございました。
すみれ。
応援のクリックを押していただけると励みとなります。
そして昨日押していただいた方。ありがとうございました!
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村