読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなおやかんとがんばる人のがんばらない場所

このブログに時々でてくるのは、

息子とネコ。


夫の影がありませんが、います。ひとり。



普通のサラリーマンです。平日は家族のため頑張って働き、休日は




地球と並行となり暮らしております。
(ゴロゴロ)




夫のことを
「小さいおやかん」
と陰で呼んでいます。



小さいおやかんと呼ぶ理由は少しのことに
動揺してHOTになるからです。
(小さなおやかんはすぐ沸きますからね)




例えば、




ネコがテーブルに乗ろうとしている!と
居間の中心で叫ぶ。




例えば、



慌てていて、ものを落とし



「やーーーも‼︎」と粗野に言う。
(正しくは、「もうイヤ‼︎」)




私が家事をしている時などはちょっとご迷惑な感じ。ウルサイのです。





ある日の休日、こたつに入り新聞読みながら

ウトウト。




眠くなり寝るらしい。




夫・・「寒いから毛布かけて〜。」


私・・家事の手を止めてパサっとかける。



夫・・「もっと優しくかけて〜。」



私・・「かけてあげる時点で優しいわ」
(関西風口調)





ふと、


ドトールのお店にあった企業メッセージを思い出しました。




〜がんばる人のがんばらない時間〜
とあった。


そして思った。


家庭は、がんばる人のがんばらない場所



かなと。



一方的に夫にコージーな場所を提供するのが妻だとは思わない。



お互い様。



私が疲れている時は私の休めるコージーな場所が必要。




往々にして妻が休むのはおおごとになってから。



乳がんで入院とか副作用で苦しむとか。



そこまでいかずともインフルエンザで寝込むとか。



そんな時助けられた記憶があるから、




ゴロゴロする夫に毛布かけてあげられるのかなと。(願わくばもっと優しく‼︎)





この家庭が安心して、

静かで賑やかで、

のびのびとした気持ちで

過ごせる場所になっているといいな。




そんなことを考えていたら


なんだか寒いと、息子が体温を測っていました。




ちょっと部活でも疲れている模様。





体温計は、全くの平熱だった。




「ダメだ‼︎ 超、健康だっ」
と、息子。





休みたい時あるよね。





只今読書中♪
f:id:sumire2469:20170207205604j:plain


お読みいただいてありがとうございます。
すみれ
にほんブログ村「小さな暮らし」に参加しています。
↓↓↓

小さな暮らしブログランキング