読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜日の昼食

日曜日の午前。
なんだかやる気がでない。


このまま買い物行くと、
昼ギリギリになり
なんかすぐ食べられるものを
買ってしまいそうな予感。

帰ってきたらすぐ
お昼の支度ができるように、
下ごしらえをしておこうと思い、

材料を並べました。


パスタの予定です。


350グラムの麺を計る。
キャベツをざく切りにしておく。
ペペロンチーノの味にするつもりで
鷹の爪の種を
とっておく。

大きな鍋も出す。


ベーコン、ニンニクがないので
買い物リストに追加する。


スープの野菜
(刻んだ大根の葉っぱ、エリンギ)
冷凍してあるのを確かめ、
冷凍庫のすぐ取り出せる位置に
スタンバイ。


コーンも入れるので出しておく。
昆布水も作る。

コンソメなどの調味料を
合わせておく。

キャベツの芯を細かく切って
スープに利用。

食器も出しておく。
コップ、フォークなど。


お茶もすぐ入れられるように
おいておく。
f:id:sumire2469:20170313085715j:plain
こんなことをしているうちに
あら不思議というか、
単純というか、


なんかやる気出てきました。



やる気がない時こそ
ちょっと準備してみると
いいかも。


下ごしらえから
テンションが
上向きました。

そして
布をかけて
f:id:sumire2469:20170313090302j:plain
これから買い物へ
出かけます。


ということで


帰宅後、
30分くらいで
なんとか整いました。
f:id:sumire2469:20170313085812j:plain
パスタとスープの昼食。
夫は今日休日出勤でいないので
3人分。

昨日作っておいた大学芋も。
それからデコポンも。


そして


昼食後の片付けしながら
きゅうりとカラーピーマン
大根のピクルスを作りました。
f:id:sumire2469:20170313085913j:plain

お読みいただいてありがとうございます。
すみれ。

↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

絵本・「八郎」とあの日から6年。

地を這うようにして
生えていた草がその背丈を
少しずつ伸ばしています。
春を感じます。


もう数十年以上前になりますが
何度読んでも
胸に迫ってくる本があります。


絵本「八郎」です。
f:id:sumire2469:20170310224332j:plain

八郎は
見た目は豪快な姿です。
しかし、心は、小さな子どもや
自分の頭にまとわりつく
鳥をも慈しむ優しい八郎。


八郎は小さい豆太から

海が荒れて村人たちが
大騒ぎになっているのを
聞きました。


八郎は大きな山をかつぎ
海に放り投げます。


いったんは水が収まった
海が怒り再び襲ってくる。


大きな体の八郎に水が入ってくる。
どんどん水が押し寄せ
もう八郎の顔まで水が来た時

八郎が叫んだ。


「おらがなして今までおっきくおっきくなりたかったか!おらはこうしておっきくおっきくなってみんなのためになりたかったなだ、んでねが、わらしこ!」

と叫んで
海に消えていった八郎の物語です。
f:id:sumire2469:20170310224445j:plain

八郎が水にむかって
村人をまもるために叫ぶ
ページが心に迫ります。


なんでおおきくなりたかったか。
このことのためにおおきくなりたかった。


と村人たちを助けて
消えていった八郎に心が震えるのです。



状況は違うと思いますが、

私には

あの甚大な被害をもたらした
東日本大震災を思うとき

水と戦って消えていった
「八郎」のお話が

思い起こされてしまうのです。


あの日から6年の
時間が経ちました。


あの美しく静かな海岸線に
波が押し寄せてきた日から、


悲しい喪失と
原子力の恐ろしさに
戦慄したあの日から、


6年の時間が経ちました。


私は関東在住で
大きな揺れを経験したものの、
津波の怖さは報道で知るばかりです。


それでもその後の原発の状況や、
計画停電など、
今までに経験したことのない
ピリピリした緊張の日々を
過ごしました。


もう私たちは
もう震災前には戻れないという、
切羽詰まったような
毎日でした。


しかし
1日1日を積み重ねるうち、

電気使用に対する意識や、

暮らし方やものの使い方など
薄れつつある自分がいます。


6年経過して今なお続く避難生活や、
内なる偏見による

差別やいじめの報道からは、

心の問題の深刻さに気付かされます。


八郎は
水と戦って進んでいきましたが

現在の私たちの現状は
もっと複雑になってしまいました。


日々の暮らしは
限りあるものによって
ささえられていると。

意識して
お金、時間もの、こと、
エネルギーなどを

無駄にしないようにしよう。


それを
子どもたちにも伝えたい。



いつもは電車での移動は
あまりないのですが
たまに電車に乗るとき、
帰宅困難になった場合を想定し、
バックに入れている
ものがあります。


毎日飲んでる薬と、
アトピーが時々出ることが
あるので塗り薬。
f:id:sumire2469:20170310224743j:plain

最小限ですが。
バックに入れています。



どうか被災された方々の
暮らしと、心が、
平和に守られますように。


どうか私たち大人が
子どもたちのために賢い知恵を
もちますように。
f:id:sumire2469:20170310225533j:plain

こちらに来ていただいてありがとうございます。
すみれ
ランキングに参加しています。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

外出から帰ったら

外出から帰ったら
すぐに
鞄のなかみは出してしまいます。

明日
同じ鞄で同じなかみで出掛けるとしても
いつも全部出してしまいます。


帰宅後
キッチン入り口付近の
電話の下に引き出し(無印の)があり

その上段のひとつを
専用にしています。
こちら
f:id:sumire2469:20170309193931j:plain

開けたところ
f:id:sumire2469:20170309194005j:plain
カードケースが残っています。

お財布がカードで膨らまないように
カード類は、最低限入れておいて

その日の外出先の用途に合わせて
ここから取り出し入れます。


帰宅後に
しまったところ
f:id:sumire2469:20170309194110j:plain
財布からレシートを取り除き
レシートはその隣が家計簿の
引き出しなのでそちらに入れます。
f:id:sumire2469:20170309194159j:plain

帰宅後はいつも
こんなふうにしています。

鞄から全て出すと
気持ちがスッキリします。
f:id:sumire2469:20170309193745j:plain


こちらに来ていただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自分の家の冷蔵庫だったら古いものから食べますよね?

この前、
スーパーで買い物していた時のこと。


豆腐を売っているコーナーで
手を伸ばそうとしたら、


商品を補充していた
スーパーの店員さんが

「はい、どうぞ。こちらの方が新しいですよ」

と、


手渡してくれるのです。


多分、親切なんだと思います。


だけど古い方は
どうなっちゃうのかな。


残れば、値段下げたり、
それでも残ったら


もう売れないのでは?



自分の家の冷蔵庫だったら
古い方から食べるんじゃないかな?



そういう自分も

おく〜の方から
商品取り出したい衝動に
駆られることあります。

低温殺菌牛乳とか
(消費期限が短いから)


こんな行動は



我が家みたいに買っても
すぐ食べてしまうウチは
いいけど、


食べきるのに数日かかるとか、


しばらく買い物に
行けないからとか、


それぞれ事情はあって
後ろから取り出したい
場合はあるんだろうな。




新しいものを求めたい
事情は人それぞれだから



一概には言えないない
かもしれないけど


みんながそうしたら、
古いものが残り


廃棄につながるのでは
と心配してしまうんです。



あと、同じ商品の中から、
(例えば、同じ産地、同じ種類のジャガイモが並んでいてその中から)

ベストなひとつを
選ぶことに
熱くなれないというか


同じくくりの商品なら
どれも一緒と思い、



こんなところは、
私の場合は冷めているのか。


どうも

主婦第一線で頑張れない
タイプみたいですね。


みんなが
良いものを選ぼうとしたら、
良くなさそうなものが
残るの
マズイじゃないかな


考えるのは

大きなお世話なのかなぁ。


以前、

「選びすぎるのって
よくないんじゃあないか」
という話を

知人にしたら

「じゃあ、あなた、旦那さん選んで結婚したんじゃない?」

と言われ


それもそうかと思ったり。


ん〜。

わからないけど

私は

選ぶことは
ほどほどでいいかな。
と思いました。


あれ?

旦那さん、だいたいで選んだ?私。


選んだんじゃないな。


出会ったのだわね。



と思ったスーパーでのひとこま
でした。



どおでもいいにゃん。

f:id:sumire2469:20170308185256j:plain
zzz,..。


お読みいただいてありがとうございます。
すみれ
ランキングに参加しています。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

手作り「クッキーガイド」とパン焼き

おやつのクッキーです。

型で抜かないで
天板の大きさに合わせた
大きさの紙に
丸をマジックで描きます。


それをクッキングシートの
下に敷くと、
円のラインが透けて見えて、
クッキーの形を作る
ガイドとなります。
f:id:sumire2469:20170308055225j:plain

型できっちり抜くのも
もちろんいいですが、
ちょっと柔らかめの生地に
はこちらの方法が便利。

(敷いてあるガイドのシートは、焼く前に引き抜きます)



クッキーの種を丸めて
円の上に置き、
指で押すと丸くなります。

ガイドに合わせると、
均一のクッキーが
型なしで
できます。


クッキーの種は、冷凍して
あったので、解凍して
焼きました。


そして


手で丸めたり生地を触ったりも
気が向かないなぁ。
でもおやつがないから作りたい
っていう時には


シートの上でローラで伸ばし、
スケッパーで
切れ目を入れると
手で触ることなく
できるからさらに楽に。
f:id:sumire2469:20170308055325j:plain
焼けたらクラッカーを
折るみたいに
パリパリ割ると
四角いのができます。


ということで


日曜日のおやつはこちらでした。
f:id:sumire2469:20170308055424j:plain


月曜日は仕事で帰宅後から
はりきりスイッチが入り、


友の会の会員用のセールの
パン作りに精を出しました。

楽しくラッピング♪

こんなふうに。
f:id:sumire2469:20170308055533j:plain

紅茶生地にフルーツを入れた
ベーグルと食パンと、
さっきのクッキーガイドを
使って焼いたチョコチップクッキーを
作りました。

翌朝クッキーを詰め
友の会に持って行きました。
f:id:sumire2469:20170308055638j:plain

ありがたいことに
完売☘

お読みいただいてありがとうございます。
すみれ
ランキングに参加しています。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

最後まで気持ちよく食べきるために。

作り置きで作った
鯖の塩焼き。


私のお昼に
ちまちま食べているのが
容器の中でこんな感じ。
f:id:sumire2469:20170306214654j:plain
このままでもいいのですが
小さい容器に移します。


以前、


スーパー主婦の
井田さんが、作り置いた
おかずをだんだん
小さな容器に移していって


食べきるところを
NHKあさイチという番組で
でやっていました。



こうすると
残ったものって感じでなく
食べられると思いました。


なので


こんなふうに。
f:id:sumire2469:20170306214902j:plain
ふたをして
f:id:sumire2469:20170306215041j:plain
ほんの小さなことですが‥。


そして、
発芽玄米を炊いたので
120グラムの小分けにして
冷凍します。
f:id:sumire2469:20170306215157j:plain
こちらもほんの小さなこと。



お読みいただいてありがとうございます。
すみれ
にほん・ブログ村のランキングに参加しています。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

危なかったこと。

土曜日に誕生日の
お祝いをした次男ですが

実は

危なかったことが
その数日前にありました。


先週火曜日です。


私の携帯電話に


「救急隊ですが」
と電話。



「息子さんが自転車で走行中に
走ってきた車の手間で
転倒して

救急車の中です」と。



もう、震えました。




幸いにも車との接触はなく


一時停止手前で急ブレーキを
かけたため止まり切れず


体が投げ出され


なんと


一回転して地面に着地した
らしい。


あの重いリュックを
背負って


一回転着地って


マンガみたいだけど


一歩間違えば
大けがや、
命にかかわることになる。


相手が歩行者だったら
人を傷つけてしまう
恐れもある。


このことを息子にも
伝えました。



大丈夫と
過信していた息子ですが



今回ばかりは
反省した様子。



怪我もなく帰宅しました。



いつも、
朝出かける時のお見送りで



「気をつけつね〜。」


と言っているのは
ただの挨拶じゃないよ!



本当に
気をつけて無事に帰ってね。
ってことなんだよと



改めて伝えました。


息子作。
f:id:sumire2469:20170306070508j:plain
小銭入れだそうです。
もらいました。




お読みいただいてありがとうございます。
すみれ
にほん・ブログ村のランキングに参加しています。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村